2018年11月16日(金)
速報 > おくやみ > 記事

作家の野坂昭如氏が死去 85歳、「火垂るの墓」で直木賞

2015/12/10 11:30 (2015/12/10 13:38更新)
保存
共有
印刷
その他

野坂昭如さん

野坂昭如さん

終戦前後の体験を題材にした小説「火垂るの墓」「アメリカひじき」で直木賞を受賞、タレントや歌手としても活躍した作家の野坂昭如(のさか・あきゆき)氏が9日午後10時半ごろ、心不全のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。告別式は19日午前11時から東京・青山葬儀所。喪主は妻、暘子さん。

早稲田大仏文科を中退。CMソングの作詞やコント番組の放送作家として活躍し、1963年に童謡「おもちゃのチャチャチャ」が日本レコード大賞童謡賞を受賞した。

「言葉がうまく伝わらなかった」と敗因を語る野坂昭如さん(1983年衆院選)

「言葉がうまく伝わらなかった」と敗因を語る野坂昭如さん(1983年衆院選)

63年「エロ事師たち」で文壇デビューし、68年に「火垂るの墓」「アメリカひじき」で直木賞を受賞した。火垂るの墓は後にアニメ映画化された。97年には「同心円」で吉川英治文学賞。「焼跡闇市派」を自称し、戦災体験に基づく作品を多く手掛けた。

72年には編集長を務めていた雑誌に掲載した「四畳半襖(ふすま)の下張」がわいせつ文書として摘発され、最高裁まで争ったが80年に罰金刑が確定した。

歌手やタレントなど幅広く活動。83年6月、参院選に二院クラブから立候補して初当選。同年の衆院選で故田中角栄元首相の対抗馬として旧新潟3区から出馬したが、落選した。

2003年に脳梗塞で倒れた後は、リハビリをしながら執筆活動を続けていた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報