/

小6男児「大麻吸った」 京都府警が調査

京都市立小6年の男子児童(12)が通学先の教員に「大麻を吸った」と話し、京都府警が調べていることが10日、市教育委員会や府警への取材で分かった。児童の身の回りからは大麻草などは見つかっていないが、事実が確認できれば、児童相談所に通告する方針。

市教委によると、10月14日、児童がたばこを吸っているとの情報があり、教員が調べたところ、同級生のナップザックからたばこ数本が見つかったという。

児童は「たばこを吸った。大麻も吸ったことがある」と話し、学校側が市教委と府警に通報した。府警が児童に事情を聴いたところ、大麻の入手経路や使用方法について具体的に説明したという。大麻草や吸引器具は見つからなかった。

大麻取締法には所持や譲り渡しを禁じる規定はあるが、使用は処罰できない。だが児童の場合、専門的な保護や助言が必要と判断されれば、使用であっても児童相談所に通告することになる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン