/

香川俊介氏が死去 前財務次官、58歳

前財務事務次官の香川俊介(かがわ・しゅんすけ)氏が9日、東京都内の病院で死去した。58歳だった。

1979年に旧大蔵省(現財務省)に入省。官房長や主計局長を経て2014年7月から次官を1年間務めた。12年の自民・公明・民主の3党合意による社会保障と税の一体改革を支え、14年4月の消費税率8%への引き上げに力を尽くした。

長年、内外から「財務省のエース」と目され、竹下登内閣で官房副長官だった小沢一郎氏の秘書官を務めた。官房長時代に大病を患ったが再起。次官就任後は車いすで登庁する日もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン