24年・28年五輪同時決定へ パリとロス、IOCが7月

2017/6/10 12:09
保存
共有
印刷
その他

【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は9日の臨時理事会で、2024年夏季五輪招致を争うパリとロサンゼルスを24年と28年の2大会に振り分ける異例の開催都市同時決定案を承認した。7月11、12日に開く臨時総会(ローザンヌ)に諮り、IOC委員による投票で最終決定する。

ロサンゼルス招致委員会のワッサーマン委員長は24年大会をパリに譲り、28年大会を開催する選択肢の容認を示唆する声明を発表しており、24年がパリ、28年がロサンゼルスになるとの見方が広まった。24年大会の開催都市は9月のIOC総会(リマ)で決まる。

近年、五輪招致は財政負担などへの不安から立候補都市の撤退が相次ぎ、24年大会もハンブルク(ドイツ)やブダペストなどが取りやめ、IOCは五輪離れを懸念。パリとロサンゼルスはIOC評価委員会による現地調査で高い評価を受けた。記者会見したバッハ会長は両都市に勝る有力候補はないとし「2都市とIOCの3者のいずれにも利益のある状況をつくりたい」と、リスクを回避した案を説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]