/

タブレットでも確定申告 国税庁がサイトに画面新設

16日に始まる2015年分所得税確定申告受け付けに向け、国税庁はホームページ(HP)の確定申告書作成コーナーにタブレット端末でも利用できる「給与・年金画面」を新設した。医療費や住宅ローンの控除の申告などにも使える。

これまでもHP上で申告書は作成できたが、文字や入力欄を大きくし、スクロールが必要ないシンプルな画面にして、タブレットでも使いやすくした。家庭用プリンターで印刷すれば郵送での申告が可能で、国税庁は「自宅で作成してみてほしい」と呼び掛けている。

国税電子申告・納税システム(e-Tax)を使うとインターネットを通じて申告できるが、利用には「個人番号カード」か「住民基本台帳カード」が必要。多くのタブレットはカードの読み取り機能がなく、e-Taxを使えないという。

申告受け付け開始を前に女優の富司純子さん(70)が10日、渋谷税務署(東京)の広報大使に就任し新設画面をPR。「パソコンは普段使うが、確定申告は税理士に任せっぱなし。挑戦してみたい」と意気込みを語った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン