/

この記事は会員限定です

ドラッグラグ、海外OK国内NG 治験で出遅れ解消難しく

[有料会員限定]

海外で承認されている薬が国内で承認されていないドラッグラグ。特に抗がん剤はラグ(遅れ)が大きく、約10年前にがん患者らが窮状を訴え、国は対策を迫られた。遅れは解消したのか。

Q どれくらい遅れがあったのか。

A 医薬産業政策研究所によると、2000~06年に日本で承認された新しい医薬品約160品目のうち、米欧で先に販売されたのは約100品目に上る。その差(中央値)は約4年あった。

研究所の分析では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン