/

福島第1で核燃料の位置観測を開始 高エネ研

高エネルギー加速器研究機構は9日、東京電力福島第1原子力発電所1号機の事故で溶け落ちたとされる核燃料の位置や分布を調べる試験を始めた。宇宙から降り注ぐ宇宙線のミュー粒子を使って原子炉を透視し、核燃料の位置をとらえる。観測結果は3月中に公表する予定で、核燃料の取り出し作業に生かす。

9日は1号機の北側に検出器を入れた装置を設置した。10日は同機の北西角にもう1台据え付ける。16日ごろから観測を始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン