/

卵アレルギー、生後6カ月から微量摂取で発症8割減

国立成育医療研究センターなどは乳児が生後6カ月から微量の固ゆで卵を食べ続けることで、1歳時点で卵アレルギーの発症を8割減らせるとの研究結果をまとめた。アレルギーの原因となる食品は離乳早期の摂取を避けるべきだとの考え方が強いが、それを覆す内容。同センターの大矢幸弘医長は「卵の加熱が不十分だと危ない。必ず専門医に相談してほしい」としている。

成果は英医学誌ランセットに9日掲載された。研究チームは生後4カ月までにアトピー性皮膚炎を発症し、食物アレルギーを起こしやすい乳児を対象に試験をした。このうち60人は生後6カ月から固ゆで卵の粉末50ミリグラム(ゆで卵0.2グラムに相当)を毎日摂取し、9カ月以降は250ミリグラムに増やした。別の61人にはカボチャの粉末を生後6カ月から毎日食べさせた。

1歳時点で卵アレルギーを発症したのは卵の粉末摂取グループが8%だったのに対し、カボチャのグループは38%。卵を食べた方が発症率が8割下がる結果となった。

研究チームは少量を食べ続けることで体が慣れ、免疫の反応を抑えられたとみている。卵アレルギーは子供の食物アレルギーの中で最も多い。医師の指示で、3歳児の5.8%が卵の摂取を制限しているという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン