/

この記事は会員限定です

旭化成建材、過去にもデータ改ざん把握 対策取らず

[有料会員限定]

旭化成は9日、子会社の旭化成建材(東京・千代田)の杭(くい)打ちデータ改ざんに関し、社内調査委員会の中間報告書を公表した。昨年10月に横浜の傾斜マンション問題が発覚する以前に、旭化成建材が他物件でデータ改ざんなどを3件把握し、1件は当時の同社社長に報告されたが、原因究明や対策が取られなかったという。

旭化成建材では過去10年間に360件の杭打ちデータの改ざんが判明している。報告書の3件は別の物件...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン