/

ビットコイン運営会社への債権届出、2.6兆円に

仮想通貨ビットコインの取引所運営会社「MTGOX」(東京・渋谷)=破産手続き中=の破産管財人は9日、取引所の顧客ら約2万4700人が届け出た債権の総額が約2兆6630億円になったと発表した。ビットコインや現金の内訳は明らかにしていない。管財人は届け出内容を精査し、債権額を確定する。

MTGOXは昨年2月の経営破綻時などに、顧客らから預かった約65万ビットコイン(9日時点で約190億円相当)と約28億円を消失したと発表した。これらの資産の有無について、管財人は9日に開いた債権者集会では「調査中」として明言しなかった。

同社を巡っては警視庁が社長のマルク・カルプレス容疑者(30)を顧客からの預かり金を着服したとする業務上横領容疑などで逮捕し、捜査している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン