/

熊本城復旧へ文科省がPT 10日に初会合

馳浩文部科学相は9日、熊本地震で大きな被害を受けた熊本城など文化財の復旧に向け、文化庁内にプロジェクトチームを設置する方針を明らかにした。10日に初会合を開き、被害状況の調査や復旧費用の試算を進める。同庁文化財部長をトップとする計10人で構成する。

9日、復興支援の要望で文部科学省を訪れた熊本県の蒲島郁夫知事との面会の中で明らかにした。馳文科相は「(熊本城は)県民の心のよりどころなので10年、20年かかっても元に戻したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン