子供の蹴ったボールで事故、親の責任認めず 最高裁

2015/4/9付
保存
共有
印刷
その他

道路に飛び出したサッカーボールを避けて転倒事故が起きた場合、ボールを蹴った子供の親は責任を負うべきか――。こんな問題が争点となった訴訟で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は9日、「危険でない行為でたまたま人に損害を与えた場合、親に賠償責任はない」との初判断を示した。

民法は、子供が第三者に損害を与えた場合、親が監督義務を怠っていれば賠償責任を負うと定めている。従来は「監督責任」の範囲が不明確で…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]