2018年12月11日(火)

0歳児もB型肝炎ワクチンを 厚労省、3回接種を標準に

2015/1/9付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省の予防接種基本方針部会は9日、B型肝炎ワクチンを全ての0歳児に接種すべきだとする意見をまとめた。生後2カ月、3カ月、7~8カ月の3回を標準とし、家族にウイルス感染者がいるなど、子供への感染リスクが高い場合は出生直後に接種する可能性も残す。

厚労省の専門部会が2012年、B型肝炎を含む複数のワクチンを広く接種するよう提言していた。厚労省はB型肝炎について、定期接種化することを念頭に準備を進めているが、財源確保など課題もあり、実施は早くても16年度とみられる。

B型肝炎ワクチンは国内で2種類が流通している。感染した妊婦から子への感染対策は1986年に始まり、若い世代の感染者は大きく減ってきた。しかし今回の部会で、厚労省研究班(班長・須磨崎亮筑波大教授)は母子感染のほかにも、子供の日常の暮らしの中で集団感染や家庭内感染が起きている可能性があると報告し、対策の必要性を強調している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報