2018年10月18日(木)
速報 > おくやみ > 記事

栄久庵憲司氏が死去 工業デザインの草分け

2015/2/9付
保存
共有
印刷
その他

秋田新幹線「こまち」や多くの企業のロゴマークなど工業デザインの草分けとして知られるデザイナー、栄久庵憲司(えくあん・けんじ)氏が8日午前3時57分、洞不全症候群のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。連絡先は会長を務めるGKデザイン機構。本葬は3月17日午後1時から東京・増上寺大殿。

キッコーマンしょうゆ瓶は栄久庵氏の代表作

キッコーマンしょうゆ瓶は栄久庵氏の代表作

東京都出身。幼少期を米ハワイで過ごし、終戦後に広島へ。東京芸術大に進み、卒業後の1957年、GKインダストリアルデザイン研究所を設立した。

61年に製品化され、ロングセラーとなるキッコーマンの卓上しょうゆ瓶をデザインし、高い評価を得た。初代の秋田新幹線こまちやJR成田エクスプレス、ヤマハ発動機のオートバイなどのデザインのほか、コスモ石油やミニストップなど企業のロゴマークも数多く手掛け、ビジネスにデザインの概念を定着させた。

89年に名古屋市で開かれた世界デザイン博覧会の総合プロデューサーや世界デザイン機構会長も務めた。79年にはコーリン・キング賞を受賞するなど海外でも高く評価された。

2002年8月、日本経済新聞に「私の履歴書」を掲載した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報