/

小渕氏の元秘書らに有罪判決 政治資金規正法違反事件

小渕優子元経済産業相の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、同法違反(政治資金収支報告書の虚偽記入)の罪に問われた元秘書ら2人の判決公判が9日、東京地裁であった。園原敏彦裁判長は元秘書の前群馬県中之条町長、折田謙一郎被告(67)に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)の有罪判決を言い渡した。

資金管理団体の元会計責任者、加辺守喜被告(62)は禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)とした。2人はいずれも起訴内容を認め、執行猶予付き判決を求めていた。

園原裁判長は判決理由で「政治活動への国民の不断の監視と批判の機会をないがしろにする悪質な犯行」と指摘。「政治活動の公明と公正を確保するなどの法の目的にかなわないことは明らか」と述べた。

判決によると、小渕氏の関連政治団体の事務を統括していた折田被告は、加辺被告と共謀するなどして、2009~13年に小渕氏が代表を務める「未来産業研究会」(東京都)や政治団体「小渕優子後援会」(群馬県)の収支報告書に架空の寄付金の支出や収入を計上したり、観劇会の収入を過少に計上したりした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン