/

海江田氏が勝訴 安愚楽牧場出資巡る訴訟

破産した安愚楽牧場(栃木県)の和牛オーナー制度を著書などで推奨したとして、出資者30人が経済評論家だった海江田万里・元民主党代表(67)に約5億7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日までに、出資者の請求を棄却した。

谷口園恵裁判長は判決理由で「海江田氏が事実に反する情報で投資判断を誤らせたとは言えず、広告塔の役割を担ったとも認められない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン