/

この記事は会員限定です

副作用漏れなく報告を 厚労省、医療機関向け手引

[有料会員限定]

厚生労働省は医療機関からの薬の副作用報告が実際よりも少ないとみて、報告を促す手引を作成した。副作用が疑われる事例を漏れなく一元的に管理する部署や責任者の配置を求めた。薬局と連携し、患者のふらつきや頭痛などを確認し、副作用が原因か調べるよう促している。副作用の報告数を増やし、医薬品の適正使用のための対策の検討に役立てる。

薬の副作用の報告は医薬品医療機器法に基づき、(1)製薬会社など企業が医療機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません