/

赤崎&山中両氏がノーベル賞対談 「失敗を恐れず挑戦を」

対談する京都大学の山中教授(左)と名城大学の赤崎終身教授(9日、名古屋市)

赤崎勇・名城大終身教授と山中伸弥・京都大教授の2人のノーベル賞受賞者が9日、名古屋市内で対談した。「若い時の失敗は財産になる。恐れないで挑戦してほしい」などと若い世代に向けてメッセージを送った。

科学技術振興機構が「科学技術で次の時代を切り開け」をテーマに開催し、小中高生を含む約700人が参加。青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎氏、様々な細胞に成長できるiPS細胞を開発した山中氏の体験談に耳を傾けた。

2人に共通していたのは、誰もが「できない」と考えていた課題を解決したこと。赤崎氏は「やめたらと言う人はいたが、自分は絶対にできると考えていた」と継続する大切さを強調した。山中氏も「他の研究者と同じことをやっても勝ち目はないとテーマを決めた。3人の学生ととにかく実験を続け実現できた」と振り返った。

質疑応答では「研究者に大切な資質は何か」などの問いに対し、赤崎氏は「科学には分からないことが無限にある。何をやるか、いかにやるかを見つけてほしい」と話した。山中氏も「実験で予想外の結果が出た時がっかりするのではなく、面白いと感じる好奇心が重要だ」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン