2019年1月24日(木)

北海道新幹線、訓練中に緊急停車 送電の手順にミス

2016/2/9 10:39
保存
共有
印刷
その他

3月26日の北海道新幹線開業を控え、JR北海道とJR東日本が9日未明に実施した青函トンネルでの避難訓練で、乗客を避難させる「救援列車」の新幹線が停電で緊急停車するトラブルが発生した。送電の手順にミスがあった。

訓練に立ち会ったJR北海道の島田修社長は「送電の手続きに不慣れだった。迷惑をおかけし申し訳ない」と陳謝した。

訓練は青函トンネル内を走行中の新幹線で火災検知器が作動したと想定。両社の社員や消防、警察の計約250人が参加した。

新幹線車両が午前1時、北海道側の始発駅の新函館北斗駅(北海道北斗市)を出発し、旧竜飛海底駅の竜飛定点(青森県外ケ浜町)で緊急停車。乗客役の約45人を誘導し、青森側から来た救援列車の別の新幹線車両に乗せる手順を確認した。

架線の停電は午前2時50分ごろ、救援列車が新青森駅(青森市)に向かう青函トンネル内で発生し、緊急停車した。停電は5分間続き、約20分後に出発した。JR北海道は「救援列車が(逆方向に)走るには特別な送電の手続きが必要だが、係員への指示に不備があった」と説明している。

青函トンネル内で新幹線車両を使った避難訓練は初めて。昨年4月に特急列車の発煙事故が発生し、124人の乗客全員が地上に避難するまで約6時間かかったため今回の避難訓練を実施した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報