/

食品の効能表示を了承 内閣府委、行政の態勢強化求める

実験データなどの根拠を届ければ国の許可なく食品の効能を表示できる新制度について、内閣府消費者委員会は10日までに、了承する答申をした。消費者が食品を選びやすくなると評価する一方で「安全性を徹底するため、行政の態勢強化が必要」との意見を付けた。

答申は、新制度によって曖昧な根拠で効能をうたう健康食品の淘汰が期待できると指摘。科学的根拠がない表示をすれば、積極的に行政処分するよう求めた。

新制度は、栄養ドリンク(医薬品を除く)やサプリメントを含む全食品で実験データや論文などの根拠を消費者庁に届ければ、国の許可を得ずに「肝臓の働きを助けます」「目の健康をサポートします」といった表示ができる。

消費者委は10月、新制度導入の是非について諮問を受けた。消費者庁は答申を踏まえてガイドラインを定め、来春制度を導入する。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン