/

受動喫煙経験、飲食店で4割・職場は3割 厚労省調査

厚生労働省の国民健康・栄養調査で、非喫煙者に受動喫煙したことがある場所を尋ねたところ、4割超の人が飲食店で、3割超の人が職場で過去1カ月以内に経験したと回答。分煙対策が徹底されていない現状も浮かんだ。

受動喫煙した場所は飲食店の47%が最多で、職場と路上がそれぞれ33%。対策を取ってほしい場所を聞いたところ(複数回答)、路上(43%)、飲食店(42%)、公園や通学路など子供が利用する屋外空間(37%)が目立った。

喫煙者の割合は男女ともに減少傾向にあり、男性は前年比1.9ポイント減の32.2%、女性は0.8ポイント減の8.2%だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン