首都直下地震ならエレベーターに1.7万人閉じ込めも

2015/6/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省によると、5月30日の地震で利用者がエレベーターに一時閉じ込められたのは4都県の14台だった。自動停止装置が地震を感知して最寄り階に止まったケースが多かったとみられる。

自動停止装置は2009年改正の建築基準法施行令で新設のエレベーターに義務付けられた。

初期微動(P波)を感知し、次に来る大きな揺れ(S波)の前に最寄り階に止まってドアを開く。ドアが開く前にS波が来るとその場で止まってし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]