宇宙飛び交う反粒子発見か 暗黒物質由来の可能性

2016/12/9 12:14
保存
共有
印刷
その他

【ストックホルム=共同】欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)は8日、国際宇宙ステーション(ISS)の観測装置で、物質と出合うと消えてしまう反物質でできた「反ヘリウム」とみられる粒子が宇宙を飛び交っているのを検出したと発表した。

これまで自然界で発見された例はなく、本物と確認されれば、宇宙を満たすとされるが正体不明の「暗黒物質」の存在確認につながる可能性がある。

検出したのはヘリウムと重さがほぼ同じで、帯びている電気のプラスとマイナスがヘリウムとは逆の粒子。ISSの装置で2011年からの5年間に観測した900億個超の粒子を分析したところ、ヘリウム原子核が37億個あったのに対し、反ヘリウムとみられる粒子が数個見つかった。

反ヘリウムは反陽子2個と反中性子1個で構成。暗黒物質同士が衝突すると反陽子などを生み出すとされ、それを材料に反ヘリウムができた可能性が考えられている。

ただ、観測は難しく、データを蓄積しさらに詳細な解析が必要という。研究チームの灰野禎一・台湾中央研究院副研究員は「データの検証はまだ十分とは言えない。今後も慎重な確認作業が必要だ」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]