/

無認可保育所で4カ月男児死亡 神奈川・平塚

神奈川県平塚市の無認可保育所で、生後4カ月の男児が死亡していたことが9日、分かった。平塚署によると、司法解剖の結果、脳に損傷を負った疑いがあり、署が詳しい経緯を調べている。

同署によると、6日午前4時半ごろ、平塚市宮の前の無認可保育所「託児所 ちびっこBOY」の男性職員から「子どもが息をしていない」と119番があった。男児は病院に運ばれ、死亡が確認された。

神奈川県は7日、緊急の立ち入り調査をし、当時の職員は1人と確認。県の基準では複数の職員を配置しておかなければならず、改善を求めた。

保育所の所長を名乗る男性は9日、取材に「当時の様子を録画した映像があり、男児はうつぶせでもなく、職員が落下させたわけでもなく、死亡した原因は分からない」と話した。詳しい状況が判明するまで営業を停止するとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン