/

原研大洗研事故、文科省が特命チーム

文部科学省は9日、日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で起きた被曝(ひばく)事故を受けて省内に特命チームを立ち上げると発表した。機構から安全管理や再発防止に向けた報告を受けて対応を指示する。

松野博一文科相が同日の閣議後の記者会見で、機構に対し「厳格な指導、監督をする」と話した。特命チームは9日午後に1回目の会合を開く。水落敏栄文科副大臣をトップに据え、原子力機構の児玉敏雄理事長らが出席する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン