/

シリア男性4人が難民認定求める 東京地裁に提訴へ

シリアの民主化運動に参加した後に日本へ逃れたシリア国籍の男性4人が、難民認定を求める訴訟を近く東京地裁に起こすことが9日分かった。弁護団によると、民主化運動「アラブの春」以降、日本に逃れて難民申請したシリア人は60人以上に上るが認められた例はなく、難民認定を求めて提訴するのは初めてとみられる。

弁護団によると、原告の4人は20~30代で、2012年に来日し、難民認定を申し立てたが退けられ、人道上の配慮から現在は期限付きの在留許可を得て日本に滞在している。定住して支援を受けることを希望しているという。

シリアでは内戦が激化し国外に逃れる難民が続出。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、各国に逃れたシリア難民は300万人を超え、受け入れや支援が国際的な課題となっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン