デング熱、東京都外で初感染か 千葉の男性が発症

2014/9/9付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は9日、最近1カ月の海外渡航歴がなく、東京都内も訪れていない千葉市稲毛区の60代男性がデング熱に感染したと発表した。都以外での感染は初めてとみられ、代々木公園(東京都渋谷区)周辺以外での感染は3人目。9日までに国内感染が確認されたのは15都道府県の88人になった。

厚労省は、男性が稲毛区で感染したとみており、代々木公園周辺で蚊に刺されて感染した人が移動してきて別の蚊に刺されたか、別ルートで海外からウイルスが持ち込まれた可能性があるとしている。

同公園周辺での感染者のウイルスと遺伝子配列が同一かどうか、国立感染症研究所が解析を進めている。

厚労省によると、男性は社会福祉施設に入所。8月31日に発熱などの症状が出て9月2日に入院し、8日に感染が確認された。容体は安定しているという。最近1カ月に都内を訪れておらず、徒歩か自転車で行動しており、感染場所は施設周辺の可能性が高い。

ほかの入所者約50人に発症した人はいないという。千葉市などは代々木公園周辺などを訪れたことがないか聞き取りするとともに、施設周辺の蚊の駆除を実施する。

一方、厚労省などによると、宮下公園(渋谷区)、有栖川宮記念公園(港区)、杉山公園(中野区)で採取した蚊からはデングウイルスは検出されなかったという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]