/

公道カート安全対策 国交省、月内にもレンタル業者に要請

公道を走るカートの安全対策をめぐり、石井啓一国土交通相は9日、閣議後の記者会見で「警察庁と連携し速やかに検討する」と述べた。公道カートは乗用車と同じ速度で一般道を走れるが、法律上はシートベルトなどの装着義務はない。カートによる事故が相次いでおり、同省は月内にも東京都内の大手レンタル業者にカートへのシートベルト装置の設置を求める。

公道カートはエンジン排気量が20~50ccで、法律上は「ミニカー」と呼ばれる。道路運送車両法では「原動機付き自転車」と同じ扱いでシートベルトの着用は不要。一方、交通ルールを定めた道路交通法では「自動車」に含まれ、ヘルメットをかぶらなくてもよい。

近年は訪日外国人を中心に利用が増加する一方、各地で事故が相次いでいる。国交省は事故の実態を調査し、都内のレンタル業者だけでなく、他の業者への要請も検討する。公道カートを巡っては、警視庁も実態調査に乗り出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン