/

「ライバルは自分」津川、笑顔の銅 パラリンピック背泳ぎ100

競泳背泳ぎ100メートル(知的障害)に出場した津川拓也選手(24)はメダルなしで終わった前回ロンドン大会の雪辱を果たし、自身初となる銅メダルを獲得した。

表彰台に立った津川選手は、マイクで名前を呼ばれると少し照れた様子で会場に向けて小さくお辞儀。首に銅メダルをかけられると、両手を振って応援席にいる関係者らに応えた。

「お風呂が大好きで3歳からプールに通い始めた」という津川選手。頭から飛び込むのが怖い、という理由で、スタート時に飛び込みがない背泳ぎが得意になった。

レース前半はトップを走る韓国人選手に必死に食らいつく粘りの泳ぎ。「ライバルは自分自身」との信条通り、ターンで折り返してからは疲れが見え始めた他選手を尻目に順位を上げ、3位の座をもぎ取った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン