2018年7月20日(金)

カタクチイワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初

2016/4/9 19:14
保存
共有
印刷
その他

 ごみとして海に浮遊する5ミリ以下の大きさの微細なプラスチックを、東京湾で捕れたカタクチイワシの8割近くの内臓から検出したとの調査結果を、東京農工大の高田秀重教授らのチームが9日までにまとめた。魚の体内から見つかったのは、国内で初めて。餌と間違えてのみ込んだ可能性があるという。

 人が食べても排出されるため直接的な影響はないが、量が増えると海の生態系などに悪影響を及ぼす懸念があり、高田教授は「海への流出を防ぐ対策が必要だ」と訴えている。

 大きさが5ミリ以下の微細プラスチックは「マイクロプラスチック」と呼ばれる。レジ袋などのプラスチックごみが紫外線や波で砕かれてできたと考えられ、東京湾をはじめ日本周辺の多くの海域で浮遊していることが確認されている。

 チームは昨年8月、東京湾で捕ったカタクチイワシ64匹の消化管を調べた。この結果、49匹から計150個のマイクロプラスチックを検出し、0.1~1ミリの大きさのものが約8割を占めた。

 また約1割は、古い皮膚や汚れをこすり落とすため、洗顔料などに入れられている「マイクロビーズ」と呼ばれる微粒子だった。通常は下水処理場で取り除かれるが、大雨で下水管があふれた際に東京湾に流れ込んだと考えられるという。

 高田教授は「予想より多く、東京湾の魚は日常的にプラスチックを食べていると考えられる。世界の報告例と比べても多い方だ」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報