「日本の女性、大学出ても活用されず」 OECD報告書

2014/9/9付
保存
共有
印刷
その他

経済協力開発機構(OECD)は9日、加盟国の教育政策を分析した報告書「図表でみる教育2014」を公表した。日本では大学などの高等教育を受けた成人の18%が非労働力人口となっていると指摘。このうちの多くが女性で「人材のかなりの部分が活用されていない」とした。

報告書によると、25~34歳の日本の女性が高等教育を受ける割合は12年に61%となり2000年の49%から大きく伸びた。OECD平均の45%…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]