/

客のポイント、店員が不正取得 富山のローソン

富山県砺波市のコンビニ「ローソン砺波大辻店」のアルバイト店員が、買い物に使える共通ポイント「Ponta(ポンタ)」を不正に取得していたことが8日、ローソンへの取材で分かった。ポンタカードを持っていない客が買い物をした際、自分のカードにポイントを勝手に付与していた。

ポンタには日本航空や昭和シェル石油なども参加。ローソンでの買い物では税抜き100円で1ポイントたまり、買い物や商品の引き換えに利用できる。同社広報室によると、店員は不正取得を認め、6日に退職した。性別や年齢は明らかにしていない。

店員は4日、客の支払いの際、自分のカードにポイントを付与。覚えのない会員番号がレシートに印字され、客が不審に思い、インターネット上に写真を載せた。それを見た別の人が5日、ローソンに問い合わせ明らかになった。

ローソン広報室は「従業員への教育を再徹底する」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン