掃除機電池が発火の恐れ アイリス、2万7000個交換

2016/2/8 21:42
保存
共有
印刷
その他

アイリスオーヤマ(仙台市)は8日、充電式スティッククリーナーに搭載された電池カートリッジ(バッテリー)に発火の恐れがあるとして、約2万7千個を無償交換すると発表した。同社によると3件の発火が確認されているが、けが人などはいないという。

対象の電池が搭載された製品は、2013年11月から販売された充電式スティッククリーナー「IC-S7L」や「KIC-S7L」、「IC-S7LK」などで2万7767台を販売した。電池は別売りで117個を販売している。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]