/

この記事は会員限定です

不正送金「ネット潜入捜査」 わざとウイルス感染、犯人監視

[有料会員限定]

被害が相次ぐインターネットバンキングの不正送金。警視庁が犯人のネットワークに対する「潜入捜査」を進めている。同庁のパソコン端末を紛れ込ませて監視を続け、利用者がIDやパスワードを盗み取られる前に警告を発する。犯行グループの実態解明にもつながる可能性があるという。

不正送金の手口はまず、多数の端末を遠隔操作ウイルスに感染させ「ボットネット」と呼ばれる攻撃用のネットワークを構築する。犯人はボットネット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン