/

大きな文字の漢字字典 弱視や学習障害の子も学びやすく

弱視や学習障害(LD)の子も学びやすく――。視覚障害者向けの出版事業などを手掛ける東京の社会福祉法人が、小学校で習う全ての漢字を収めた「大きな文字の漢字字典」を刊行した。漢字の大きさは約7センチ角で、弱視やLDの人が見やすいよう開発された書体を使うなど工夫を凝らした。

東京都新宿区の「桜雲会」が発行。2020年度の次期学習指導要領で追加される20字を含む1026字を、1ページに1字掲載し、読みや用例、部首などを示した。文字の大きさは、弱視の人の意見を聞いて決めた。

「丸教体」と名付けた書体は、教科書体の骨格を生かしつつ、線の太さが丸ゴシック体のようにおおむね均一なのが特徴。弱視者や、LDの一つである読み書き障害(ディスレクシア)の人にとって、教科書体は起筆や終筆の形が複雑などの理由から見づらいことを踏まえ、フォント制作会社「字游工房」(新宿区)が開発した。

ルビは漢字の横ではなく後ろに丸カッコでくくって大きく表示。読み書きに障害がある人が特徴をつかみやすいよう「左右型」「囲み型」などパターン別の分解図も付けた。索引では、読みや部首だけでなく「心や気持ち」「色」など45のテーマごとにグループ分けした。

桜雲会の甲賀金夫施設長は「大人や外国籍の人も含め、漢字学習が苦手な全ての人に利用してもらえれば」と話している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン