ガス充満、バッグ破裂か 原子力機構の被曝事故

2017/6/8 23:31
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で起きた被曝(ひばく)事故で、作業員が放射性物質の入ったステンレス容器を開けようとした際、「中のバッグが膨らんで、ふたが浮いた」と説明していることが8日分かった。26年間放置された間にガスが発生、バッグに充満して破裂した可能性がある。

 原子力規制委員会は保安検査官を派遣して調査を始めており、原子力機構に対し、19日までに原因などを報告する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 7:00
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報