/

この記事は会員限定です

杭打ち工事、元請けが立ち会いへ 改ざん防止へ国交省検討

[有料会員限定]

杭(くい)打ち工事のデータ改ざん問題を受け、国土交通省は8日までに、元請け業者に杭打ち現場への立ち会いを求める方針を固めた。杭が固い地盤(支持層)に到達したかを元請け自身が確認することで、改ざんなどの不正を防ぐのが狙いだ。

現状では元請けが立ち会うルールはなく、横浜市の傾斜マンションでは、旭化成建材(東京・千代田)による杭打ちの現場に元請けの三井住友建設は一部立ち会っただけだった。

具体的な立ち会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン