BPO「倫理上問題ない」 静岡切断遺体巡る番組で

2017/8/8 20:20
保存
共有
印刷
その他

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は8日、静岡県の浜名湖で切断遺体が見つかった事件を巡り、テレビ静岡が昨年7月に放送したニュース番組について「人権侵害はなく、放送倫理上の問題があったとまでは判断しない」とする見解を発表した。

人権委によると、静岡県在住の男性が「事件と全く関係ないにもかかわらず、『関係先を捜索』と断定したテロップなどで事件に関わったように伝えられた」と人権侵害を申し立てていた。

人権委は「放送が伝えた事実の重要部分は真実性や相当性が認められた」などとして人権侵害や放送倫理上の問題を認めなかった一方で、「映像の使い方をより抑制的にすれば、被害感情はこれほど強いものにならず、精神的打撃も少なかったのではないか」と指摘。人権に一層配慮した報道活動を行うための議論を深めるよう同局に要望した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]