/

英で360億円盗難被害か 宝飾店街の貸金庫

【ロンドン=共同】ロンドンの宝飾店街にある貸金庫で、約70の金庫が荒らされ、現金や宝石が大量に盗まれたことが発覚した。警察は被害額を発表していないが、8日付の英大衆紙サンは推定2億ポンド(約360億円)との関係者の情報を伝え、英国で最悪規模の盗難事件だと報じた。

同紙によると、犯行が起きたのは復活祭(イースター)連休の最中。近隣には宝石や貴金属の業者が集まっており、連休のため通常より多くの金品が預けられていた。

犯人らは建物の内部に隠れ、警備員が退出した後、壁にドリルで穴を開けてエレベーター用の空間に侵入。ロープで地下に下り、壁を再び破壊して貸金庫の部屋に入ったとみられるという。

貸金庫がある建物では、3日夜に警報が作動したが、現場を調べた警備員は異常を見つけられなかったという。警察は、犯人らがさまざまな装備を持ち込んだと推測し、行方を追っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン