/

この記事は会員限定です

原子炉にロボ投入 福島第1、核燃料取り出しへ調査

[有料会員限定]

東京電力は10日、福島第1原子力発電所の原子炉にロボットを投入する。東日本大震災時の事故で溶け落ちた核燃料の取り出しに向け、手がかりを探るのが狙いだ。これまで建屋の除染などにロボットを使ってきたが、原子炉の格納容器にまで入るのは初めて。

ロボットは国際廃炉研究開発機構と日立GEニュークリア・エナジーが開発した。10日と13日の2回にわけて1号機の格納容器に入れる。

ロボットはカメラを備え、周りにあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン