2019年1月16日(水)

東大推薦入試71人合格 2年連続定員割れ

2017/2/8 22:53
保存
共有
印刷
その他

東京大は8日、今春入学者向けに定員100人程度で実施した推薦入試に71人が合格したと発表した。今年度の出願者は推薦入試を初めてした昨年度と同じ173人で、合格者は昨年度から6人減った。2年連続で定員割れとなったが、東大は「多様でいい人を合格させることができている」として当面定員は変えない方針という。

学部別では工学部23人、法学部13人、理学部10人などで、10人程度を募集した経済学部の合格者は3人だった。女子の合格者は27人(38.0%)。関東地方の1都6県を除いた地域の高校の出身者は38人(53.5%)。いずれも昨年度とほぼ同じだった。

東大は昨年度から、特定分野に強い関心がある多様な学生の獲得を目指して推薦入試を導入した。各学部が書類で1次選考をした後、面接や大学入試センター試験の結果を総合的に評価して合否を決めている。

また、東大は今春から地方出身の女子学生に月3万円の家賃補助制度を始める。8日には一般入試(前期日程)の第1段階選抜の結果を公表したが、「男女別の志願者は明らかにしていない」として同制度導入の影響については言及していない。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報