歓送迎会後の帰社中に事故、労災認める 最高裁判決

2016/7/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

職場の歓送迎会に参加した後、残業のため帰社中に交通事故で死亡した男性(当時34)の妻が、国に労災認定を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は8日、労災と認めなかった二審判決を破棄する判決を言い渡した。「会社が要請した行動の中で起きた災害」と認め、妻側が逆転勝訴した。

判決によると、男性は福岡県内の会社に勤務。2010年12月、残業を中断して中国人研修生の歓送迎会に参加した。男性は社用車で研修生を自宅に送った後、会社に戻る予定だったが、途中で交通事故を起こし亡くなった。男性は飲酒していなかった。

同小法廷は、上司の呼びかけで歓送迎会が開かれ、経費が使われたことを挙げ、「親睦のために会社が企画した行事で、事業活動に密接に関わっている」と判断した。

男性は社長への資料の提出期限が翌日に迫っていることを理由に参加を断ったが、上司から「今日が最後だから」などと参加を求められた。判決は「資料の提出期限は延期されず、歓送迎会後に職場に戻ることを余儀なくされた」と認めた。

労働基準監督署は労災にあたらないとして遺族補償の給付を認めず、妻が処分の取り消しを求めて提訴。一、二審判決は「有志で親睦を深める私的な会合が業務とは認められず、上司が帰社を命じたとも言えない」として妻側が敗訴した。

福岡労働局は「判決の趣旨に沿って速やかに手続きを進めたい」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]