/

蒲池猛夫氏が死去 ロサンゼルス五輪射撃金メダリスト

蒲池 猛夫氏(かまち・たけお=ロサンゼルス五輪射撃金メダリスト)4日、脳梗塞のため死去、78歳。連絡先は日本ライフル射撃協会事務局。告別式は近親者のみで行った。

1968年メキシコ大会から5大会連続で代表になった。48歳で出場した84年のロス五輪男子ラピッドファイアピストルで金メダルを獲得した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン