/

東京五輪・パラの新エンブレム、最終4案を公表

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会のエンブレム委員会(委員長・宮田亮平文化庁長官)は8日、大会の新エンブレムの最終候補の4作品を発表した。ホームページに公開し、17日まで国民からインターネットとはがきで意見を募り、25日の最終審査で決定する。

最終審査ではエンブレム委の委員21人が投票し、過半数を得た作品を選定する。国民の意見は「参考にする」(宮田委員長)とした。

昨年7月に発表された旧エンブレムは盗用疑惑を指摘され、同9月に白紙撤回。選考が閉鎖的だったとの批判から応募資格を緩和して同11月に一般公募され、1万4599作品が集まった。デザイン審査などで高い評価を受けた作品から、商標登録の有無などで問題がなかった4作品を公開した。

エンブレムの決定後、組織委や東京都などはのぼりやポスター、ピンバッジなどの作製に着手。スポンサーも商品展開をスタートさせる。今年のリオデジャネイロ大会でも、次期開催国としてエンブレムを使った関連グッズでPRすることも検討している。組織委員会は「できるだけエンブレムを活用し盛り上げたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン