/

貯蔵容器内、26年間点検せず 原子力機構被曝事故

日本原子力研究開発機構は8日、作業員の被曝(ひばく)事故の原因となった放射性物質を入れていたステンレス製の貯蔵容器について、26年間一度も開封していなかったことを明らかにした。この貯蔵容器は計21個あり、1991年に封を閉じてから定期的に外観に異常がないか確認していたが、内部の点検はまったくしなかったという。

原子力機構によると、放射性物質の粉末が入った容器を包む樹脂製の袋をステンレス製の貯蔵容器に入れ、保管していた。袋の強度や保存状態については調査中という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン