/

五輪相、「怒りを感じる」と苦言 賭博問題

バドミントンの桃田賢斗選手と田児賢一選手が違法カジノ店で賭博をしていた問題に関し、遠藤利明五輪相は8日の閣議後の記者会見で「事実とすれば、遺憾というよりも、大変怒りを感じる」と述べた。2020年の東京五輪・パラリンピックへの影響について、「いい影響ということはあり得ない。国民の不信を買い、盛り上がりを阻害する」と懸念を示した。

馳浩文部科学相は「情けなく思っている。トップアスリートとしてちやほやされて、勘違いしているんじゃないか」と指摘。その上で「各団体のトップは自分たちの団体が抱えている選手が大丈夫なのか見直してほしい。今後の対応を待ちたい」と述べ、日本バドミントン協会に限らず、他の競技団体にも自主的な調査を促した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン