/

都心でみぞれ観測 関東中心に真冬並みの寒さ

東日本の上空に強い寒気が入り込んだ影響で8日、関東地方を中心に朝の最低気温が平年より5度前後低い真冬並みの寒さとなった。東京・千代田では雨と雪が混じったみぞれが降った。都心で4月に雪を観測したのは2010年4月17日以来5年ぶり。

気象庁によると、午前8時までの最低気温は千代田区で2.7度と平年より5.4度低く、3月上旬並み。さいたま市1.5度、千葉市2.5度、横浜3.5度など、各地で2月中旬から3月上旬並みの冷え込みとなった。

最低気温0.6度を記録した宇都宮市では、午前9時現在で1センチの積雪を観測した。長野県の軽井沢でも6センチの雪が積もった。

8日は日中も気温が上がらず、都心の予想最高気温は5度。気象庁によると9日以降も寒気が残り、関東地方は10日まで冷え込みが続く見込みという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン