生活保護162万世帯、最多更新 7月

2015/10/8付
共有
保存
印刷
その他

 厚生労働省は8日までに、全国で生活保護を受けている世帯は7月末時点で162万8905世帯となり、過去最多を更新したと発表した。これまで最多だった6月より2964世帯増えた。受給者数は前月比で2150人増え、216万5278人だった。

 世帯別(一時的な保護停止を除く)では65歳以上の高齢者世帯が79万8609世帯で全体の49.3%を占めた。働ける世帯を含む「その他の世帯」は27万3469世帯。

 1年前と比べると、その他の世帯や母子世帯は減少しているが、高齢者世帯は4万2799世帯増え、伸び率は5.7%だった。厚労省は「高齢者人口が増えていることに加え、高齢のためなかなか働けないことが主な要因」とみている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省高齢者生活保護

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20:22
23日 23:00
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 19:27
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 20:30
14:30
北陸 2:00
1:30
関西 19:08
18:45
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
15:23
10:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報