/

原発作業員の被曝限度上げ、緊急時250ミリシーベルトに 規制委

原子力規制委員会は8日の定例会合で、原子力発電所で重大な事故が起きた際に対応にあたる作業員の被曝(ひばく)線量の上限を現行の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げる法令の改正案を決めた。放射線審議会に原子炉等規制法の関係規則改正を諮問し、2016年4月施行を目指す。

東京電力福島第1原発事故で、政府は収束作業のため上限値を250ミリシーベルトに特例で引き上げ、冷温停止状態になってから100ミリシーベルトに戻した。規制委は国際原子力機関(IAEA)や海外の事例も参考に改正案をまとめ、意見を公募していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン