/

法曹目指す大学院生ら失望の声 司法試験漏洩問題で

司法試験問題を漏洩したとして法科大学院教授が刑事告発された明治大学には8日、動揺が広がる一方、法曹を目指す人たちからは失望の声が漏れた。

明治大学の福宮賢一学長は同日、「司法試験制度の根幹を揺るがしかねない事態であると重く受け止めており、大学として関係者の方々に心よりおわびを申し上げます」とコメントを発表した。

「青柳先生のテキストでずっと勉強してきたのに」。来年受験予定の同大学院の男子学生(24)はショックを隠せない様子。

男子学生は刑事告発された青柳幸一教授について「試験問題の作成に関わっていたこともあり講義は人気だった」と話す。ただ「受講生に対して『欲しければ著書にサインをしてあげる』とメールを送るなど変わった一面もあった」と打ち明ける。「友達から『大丈夫か』と心配する連絡が入っているが、大学からは何も説明がない」と不安をのぞかせた。

東京都内の司法試験対策の予備校に通う法科大学院の男子学生(25)によると、青柳教授は司法試験の考査委員を長年務めるなど「ミスター司法試験」と呼ばれるほど有名という。「過去に教授の論文から出題されたとの噂もあり、教授の著書を買い求める人は多かった」と話す。来年に受験予定で「適切な問題が作られるよう、体制を見直してほしい」と話した。

同じ予備校に通い今年5月に受験した神奈川県茅ケ崎市の男性(25)は、「明治大の法科大学院の学生たちが疑念の目で見られることになるのではと心配だ」と気遣った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン